民進党の玉木雄一郎幹事長代理に12年12月、100万円を寄付。

 学校法人「加計学園」(岡山市)の問題で、獣医学部新設を阻止しようと動いた日本獣医師会(蔵内勇夫会長)の存在が注目され始めた。獣医師会のメールマガジンを見ると、麻生太郎財務相兼副総理ら現職閣僚らの名前を挙げながら、会長が「決定撤回もしくは1校のみ」にするよう「奔走」「粘り強い要請活動」したことが堂々と記載されているのだ。

獣医学部を新設した安倍政権と、50年もそれを阻止してきた勢力と単純にどっちが日本の為になってるのさ? 本当に問題視すべきは既得権益とそれに加担する輩達でしょう!!献金100万&200万ねぇ…(笑)
玉木は獣医師会側とベッタリで規制緩和を阻止しようと腐心した張本人であるにも拘わらず、総理の忖度にすり替えようとした確信犯である。これに総理を貶めることだけを目的とする民進党全体が朝日と忖度してマッチポンプとなった。こういう連中こそ改革すべき既得権益じゃないの?結局は1校も駄目なんだろ利権はこわいなあまりに簡単な構図だなに騒いでいるんだ?
だいたい想像できてた話だけど最近のメディアがこの方向に調べてくれると思ってなかったから嬉しいなだいたい普通に考えれば獣医学部が新設される事が決まるまで獣医師会が察知できず意見書を送ることもしてない訳ない絶対になんらかの意思表示はしてるのは間違いないんだからでも確かに協議じゃなく決定権のほとんどは獣医師会が持ってたようだね