そして決勝の「ファイナル4」では、室屋選手が最初に飛行。

ダブル連覇!6月4日に開催されたレッドブル・エアレース2017千葉大会で、日本の室屋義秀選手が優勝した。室屋選手は昨年の千葉大会で初優勝、今期第2戦サンディエゴ大会で2度目の優勝を果たしており、千葉戦2年連続・今期2大会連続の優勝という快挙となった。

今年のモータースポーツは日本人が大活躍ですねエアレースに詳しくない私でも凄いことなんだと理解できる。スゲー!
マジで神風が吹いたような展開でした。あー、負けてる~ で終盤まで来て、パイロンにヒットしたりペナルティ食ったり。R8は正直運もあった(相手も焦る必要のない場面でペナ食ってた)けど、その他は堅実にまとめて最後まで勝負を諦めない姿勢で飛行していたので、そのことが勝利を呼び寄せたのだと思います。観客も大盛り上がりでした。舞台は日本それも連覇というプレッシャーもある中のレースは想像を絶する過酷なものだったと思います0.007秒差!! 何か一つでも欠けていたら勝てなかった劇的な連覇おめでとうございます
おめでとうございます。テレビを見ましたが、スピードと回転で気持ち悪くなってしまいました…。ふ〜ん、これくらい上手くやると、八百長ってバレないもんなんだね。スポーツの世界で君が代が聴ける時代になるなんて、昔は想像も出来なかった。ありがとう!