これからは禁煙が普通になる時代になるのではないか」と語った。

 青森市安方にあるレトロな雰囲気を醸す喫茶店「マロン」が5月から店内を禁煙にした。受動喫煙防止を求める時代のニーズを受け、1970年の開店から半世紀近くを経て、無煙の取り組みを決断した。子ども連れの女性らから「安心して時間を過ごせる」と好評だという。

食事中は、喫煙出来ても吸わないこと。それがオトナの嗜みっていうこと…時代の流れですね。経営側としても、3割以下の喫煙者を相手に商売するより、7割の非喫煙者を相手に商売したほうがいいに決まってる。
禁煙・禁酒に禁ラーメンこれが出来れば短命県返上です!
タバコの煙は吸わない人に対して悪臭及び健康被害を及ぼしますとても迷惑なので喫煙可の場所でも吸わない人がいるところでは吸わないで欲しいとは言え 喫煙可の場所だとルール違反にはならないので煙にさらされても文句が言えないので やはり 厚生労働省案にしないと 受動喫煙は無くなりません喫煙者を排除するのに良いね。
ついに!いいお店です><飲食店にいえるけど、関西にも早く広まってほしいです!吸わない自分からすればありがたい☆自分なら珈琲チケット買ってもいい。こんな喫茶店の常連になりたいなぁ。吸わない人でも本当は入りたいんですよ~。厚生労働省頑張って~☆ノシ