行政も、殺処分の減少に向けた努力を続けている。

 1240匹―。これは、青森県内で2015年度に殺処分された犬や猫の数だ。その多くは「増え過ぎた」「面倒になった」など、飼い主による身勝手な理由で、保健所に持ち込まれた。引き取りの基準を厳格化した法改正やそれに伴う行政の取り組みもあり、数は減少傾向にあるものの、「0匹」への道は遠いのが現状だ。

殺処分される犬猫はガスで苦しみながら死んで行く事をもっと知って欲しい、人間の身勝手で簡単に処分される犬猫の事を考えただけで悲しくなります。
前にアメリカの映画?で保健所にいる犬を出したらその後いろんな人に引き取られて保健所から全ての犬がいなくなったという話は聞いたが 日本もそういうのはしないのかねぇ・・・プレ金だのキッズウィークだの、早急に必要?こんなに小さな命が震えながら助けを求めてるって言うのに。なんの対策もしてこなかった国のせいでもあるでしょ。いい加減動いて!
メディアも可愛いばかり取り上げないで裏側をもっと報道してほしい。犬猫など手放した場合は二度と変えないようにしてほしいですが無理でしょうね。
売買、ペットを飼う際の登録制、保健所持ち込み法律処罰制言えばきりがないですが…殺処分0に向けて、都道府県毎に差がありすぎるのは何故なんでしょうか?いいわけ無用で、本気の取りくみを国が係わって欲しい。まず、命あるものを物と扱う法律もおかしいし、日本は恥ずかしいし、遅れてる。