■ 「日本の憲法改正の論議は遅すぎた」

 「日本の憲法9条は同盟国との集団防衛を阻止するため、日本にとって危険となりつつある」――。 米国の大手新聞が最近の社説で日本の憲法9条を取り上げ、日本自身の防衛にとって危険だと断じ、改正を促した。 このところ米国では、日米同盟の片務性という観点から日本の現行憲法への批判が出てきていた。

米国も本当に身勝手。でも確かに憲法改正は必要だ。何せ近隣が特亜3国だから国防は必須。自分の身は自分で守る
そもそも、GHQが日本の能力を恐れて、憲法作成時やりすぎましたね!決まり事を真面目に守ろうとするのが日本人ですから。。。もともとあんたらが押し付け作らせた憲法で今更いうなよ!東アジアって特殊だよね。日本を除いて健全な国がまるで無い。それよりも9条を異常なまでに信仰し崇め奉るアホ共の方が危険かもしれない。
元を作った米国から指摘されるとは………しかし、改正は早く進めた方がいい資源ひとつでフィリピンとも戦争になるなんでも、言ってる中国って国もあるし、世界的におかしくなってきている。いつまでも米国だよりでは、これからはどうにもならない。一番危険なのは解釈で決まる今の運用。だから憲法を変更しやすくし時代にマッチしたものにしないとダメ。座して死を待つ時代じゃない。…左翼ら、そっ閉じ。
やはり日本国民は米国からつつかれないと変われない国のようだ。