唯一の失点は六回だ。

 「広島-DeNA」(17日、マツダスタジアム) 広島の先発・大瀬良大地投手が、7回3安打1失点で降板した。 初回から安定した投球を披露。唯一の失点は六回だ。先頭のウィーランドに1ボールからの2球目、真ん中に甘く入った直球を弾丸ライナーで左中間席に運ばれた。

あまりにも大瀬良がかわいそうだわ四球と失策は負けフラグだな。決勝点はノーヒットだもんな。安部と鈴木の二人はいつもこういうことしてないか?西川にも言えるけど打ってもこんな事ばかりされたら流石に腹立つ
安部のエラーもお粗末、あの点差で無茶する誠也もお粗末あっさり下位打者にタイムリー打たれる今村もお粗末このまま負ければターニングポイントになりそうな試合になりそうだなあ
あっさり2アウトにできたはずなのに安部の送球エラーで2塁動揺した今村が簡単に筒香を歩かせてランナー溜めて誠也が無理する場面じゃないのに突っ込んで逸らすという最悪のやらかしをして次の回は一岡の一人相撲でノーヒットで負け何やってんだこいつら?誠也の後逸は今年二度目だろあの状況考えたら絶対してはいけないプレー今日のホームでの敗戦は引きずるわ広島の自滅だよね。勝てた試合を落とすんだから。大瀬良は粘って投げた!
中継ぎがやらかす試合があるから首位陥落してるんだよね。そこが一番の違い。