それが「顧客満足度の低下」です。

新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンになったディズニーリゾートですが、先月発表された「顧客満足度」が「11位」から「27位」へと大幅に下落したことがニュースになりました。一体ディズニーリゾートになにが起きているのか?  パークに十数年間通い、最新刊『思わす話したくなる究極のディズニー』を上梓したディズニーブロガーのみっこさんに聞きました。

高い、並ぶ、これが酷すぎます。入場料高い!どこも並びすぎ!お金払ってまで行く価値がありませんDヲタのせいで、1Dayさんが楽しめなくなってきているのも事実。年間パスポートを廃止するのが一番の解決手段。
行きたい人は多いけど、混雑して並ぶのが嫌だって人は多い。料金上げ過ぎじゃない?サービスはそのままで高くなっていったら満足度は下がるじゃんバイトが少なくなってるため、レストランとか並ぶ時間が増えた。手際も悪く、ファーストフードですらまたされる。
人件費カットが響いてますよね・・・キャストのお兄さんお姉さんがちょっと可哀想家族で行くには相当な気合いと覚悟が必要。金銭的にも。何もかも高い、パスポートはしょっちゅう値上げでレストランで高い金出しても肉もパンもパサパサ。ディズニーだから高いは時代遅れ。
一番思うのは、キャスト不足、キャストの士気の低下。TDRのキャストであるってことの自尊心がなくなってしまっている。待遇などに満足していないんじゃないかな。我々ゲストはそれを感じ取ると、なんともシラけてしまうんですよね。夢の国から、現実世界のやる気のないおにーさん、おねーさんを目の当たりにしてね。