5月:給与計算期間:4月1日~30日締め、給与支払日:5月15日

多くの会社では、年度が4月から変わり入社や異動などで新しい慣れない環境で忙しくなっていませんか?「残業が多くなって、残業代がたくさん出た。」このような声を聞くことがあります。「ちょっと待ってください!

この美脚に目がいってしまう・・・(笑)ところで以前にあった消えた年金問題。あれどうなった?お金がなくなって終わりか?厚生労働省の奴がネコババしたに決まってる!全額返せよ。
仕事する上で、保険料を気にして残業を減らすことができれば苦労しない。年間平均に統一して欲しい…。(´;ω;`)厳密に言えば3月4月5月これが実現出来る奴は普段から効率的に仕事してない奴。本決算をまたぐので、特に経理系の方々は割を食う。なんとかしてほしい。
国は取るものに関しては容赦しないからな。決算業務などで不利益を被る部署の方は、会社で特例申請を社会保険事務所ヘ提出して認可が出たら年間平均でできます。
が、しかし。社保事務所が無作為に監査に入ることもあり、4月~6月の給与と他の月の平均給与の差が大きければ、保険料を上げられるうえに、遡って支払わなければならなくなる。これがまた面倒くさい。ちなみに、この時期なのは4月が新入社員が入る時期+他社員の昇給時期である為ってのが一応の理由。