県には、10日午後2時15分ごろ防衛局を通じて、米軍が降下訓練を実施する意向であることが伝えられた。

 米軍が10日夜、沖縄県の嘉手納基地でパラシュート降下訓練を計画している問題で、県基地対策課の金城典和課長は10日午後、沖縄防衛局と外務省沖縄事務所へ、訓練の中止を求めた。 金城氏は、米軍が計画している訓練は、4月24日の降下訓練に対する県や県議会、地元の抗議を無視するもので「誠に遺憾だ」と指摘した。

パラシュートの何が駄目なんだ?スカイダイビングも駄目なんか?最高裁判決無視しないで!本物の地元民の過半数ならね、基地での訓練で何が問題?
過去に女の子が犠牲になった、トレーラーのパラシュート降下などの車両や重機のパラシュート降下訓練には配慮が必要だろうが兵員のパラシュート降下は全く問題ないのでは?しかも事故が起こったのは恩納村で場所も全く違うし。
訓練地でもパラシュート訓練だけが駄目なの?なら同じく観光地という場所でやるスカイダイビングもパラセーリングとかも使うもの同じ様なものすべて駄目じゃないんですかね?それと地元民を騙らないで、でしょ?(失笑「地元の抗議無視しないで」必要があるから訓練をしている。内情知らないのに訓練内容を指示するのは、大変おこがましい!日本人なら「おこがましい」という感情があるが、これがないとは非国民を意味する!
第一空挺団を避難するひとは誰もいないけどな。地元民の抗議ではないので無視して下さい。