業務提携が進むにつれて、競争関係が薄れる心配があるからだ。

カルロス・ゴーン氏が、2017年4月下旬に三菱自動車のタイ工場を視察した。ゴーン氏は2016年の末に三菱の会長に就任しており、今では日産とルノーを含めた3社の会長を務める。三菱の工場を視察するのは当然だが、今後は三菱と日産の業務提携が、いよいよ活発化しそうだ。

同じ顔で 名前がありすぎて 覚えれないどうしても欲しい時代は、欲しい車を作ったが、どうでもいい時代は、どうでもいい車しか出来ない。夢の無い国なんだろう。
個性うんぬんより新車販売市場が減っているから致し方ないのではつかどこのライターか知らんが日産ティーダも本田技のCR−Vも日本市場から撤退しただけで生産終了していないので念のため2リッターのV6ターボなんて,今時どこが作ってるんだよ。せめてフロントデザインぐらい変えればいいのに最近はバッヂと名前以外一緒だもんなでも結局トヨタの一人勝ち(笑)
OEM 車は絶対に買いません 車にコダワリが有るから コダワリの有るメーカーならOEM なんて有り得ない 車が白物家電へ向かう始まり結局自分の首を絞めるだけ。だがしかし、OEM車や姉妹車を展開していないホンダの普通車・小型車が、国産では最もつまらない
欲しいと思う車は、高くて手が出せない物ばかりだ。頑張って買えそうな車は、個性のない物ばかりだ。とても買い替える気にならない。