■販売業者はアマゾンと「セラー」に分かれる

 アマゾンの「1円出品」「激安出品」が実は詐欺なのかもしれない――。そんな話を聞いた読者は「そもそも1円で出品されている商品があるのか」と驚いたかもしれない。 「アマゾン1円詐欺」とも呼ばれる、傍目には摩訶不思議な、しかしその背景を探ってみると実に巧妙な、電子商取引サイトの仕組みを活用した新種の詐欺とはどのようなものなのだろうか。

実態、とても恐ろしい!現代の闇市Amazonサイドで信頼の置けるセラーを選別して出品させて欲しいね。消費者としてもAmazonのネームバリューを信頼してネットショッピングしているのだから。
しばらくの間は、アマゾンの倉庫から送ってくるもの以外は買わないことにした。
Amazonも、対応対策を、一層強化していくでしょうね。 しかしネット社会は、まだまだ抜け道だらけですから、当面は、解決改善は、厳しいでしょうね。 あとは、ヤラセ評価や、自作自演、同業他社への嫌がらせ評価なども、当たり前に存在しますので、こちらも改善してくださいな。今更だが、出品者の見直しを アマゾンはするべき。ってか、当然だろ?出品に国籍のわかる証明書を提出させて審査するべき。ほとんどが中華だから、締め出すべき。企業責任を問うべき
何にしても被害が出ている以上、公式にユーザーに向け声明を出していないamazonの企業姿勢、倫理観はどうかしてると思う。「世界で1番ユーザーに親切な企業になる」というコーポレートフィロソフィーはどこへ行ったのか?