架線がない区間(非電化区間)では、車両に搭載するディーゼル発電機で電気を生み出し、それでモーターを駆動させ走行します。

 2017年5月1日(月)、日本に新たな豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」が走り出します。JR東日本が送り出すもので、2013年10月15日に登場したJR九州「ななつ星in九州」に続き、日本で2列車目になる本格的クルーズトレインです。

宝くじにでも当たらない限り自分には到底手の届かない価格設定それでも予約でかなり先まで埋まってるとか、今の日本は自分以外のところでは金がジャブジャブ溢れてるんだな~
一般人には無縁の列車だな。しかも金があるだけでは乗れない。もう少しリーズナブルにならぬものか…お金持ちしかだめか…乗ってみたい。なんだかんだ言って皆さんお金持ちですな(汗)乗ってみたいが高すぎるー。でも、チケットが手に入らないぐらいの完売情報。すごいな
こんなのに金をかけるのだったら従来の「北斗星」「トワイライトエクスプレス」をEDC方式で更新してほしかった。新幹線は札幌まで直通していないし、客層は全く別だからだ。コンセプトは九州のななつ星のパクリなのに、観光立国の推進というもっともらしい導入理由。格差社会の象徴ですな。新幹線のるだけでwkwkする自分w高いよ!
要するに「小金持ち以下の人間は乗らんでも良い」というJR各社の姿勢が、しっかり表れてきただけですね。