また、離党届を提出している山下太郎都議の会派団長辞任も了承された。

 都議会の民進党系会派「東京改革議員団」の尾崎大介幹事長は28日、幹事長の辞任を申し出、了承された。新幹事長には斉藤敦都議が就任した。また、離党届を提出している山下太郎都議の会派団長辞任も了承された。

生き残りに必死なようですが、都民は冷静に見てますよ。昔の社会党を思い出すな~何にせよ、消えてなくなる運命!(^_^)/~~
今現在は離党しないかも知れないし小池新党の受け皿も確定していない。水面下での交渉はするだろうが,先ずは身分の保証は当然。当選しないならば,もとも子もない。もう民進党じゃなくて民退党だな。進んでないわ。日本のダメな政治家、ワースト31.ダブリーヌ2.ガソリーヌ3.辻元清美
泥舟からどんどん逃げて行く・・・・こういう人たちは、何か有ったらすぐ逃げる信用ならん人民進党蓮舫代表は、民進党系地方議員の離党等について党の代表として失格です。潔くよく代表の辞任を求めます。
民進党って、良くもこれだけ質の悪い人達が集まったものだよね、本当に感心しるよ。二重国籍の蓮舫を代表格にね。人の揚げ足取り専門の党というイメージしか無い。期待も希望も無い。内部統制出来ない村田が、偉そうに党首の座に居座る気が知れない。やっぱり日本人じゃないわ。