その際には2隻の空母、在韓米軍、在日米軍などを総動員するでしょう。

 ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際問題研究大学院にて国際関係学博士号取得を取得、元海将でイラク戦争の開戦日を的中させた太田文雄・元防衛相情報本部長が、これからの米朝情勢を読み解く。 トランプ大統領は、北朝鮮に対して「本気」です。

核が残されたままで先送りが最悪。脅威を取り除かないと、将来に多きな犠牲が出るのは間違いない。三沢もそうだが、戦略的には横田基地も真っ先にターゲットになるでしょう。情報センターの中枢部だからね。
痛みを伴うのが戦争。核保有したらアメリカよりも日本の方が危ない。日本はノンキだな。ミサイルは日本にとどくのだから。北は確実に負け戦でしょう。でも地獄への道連れにどの国のどこを狙うか・・・・三沢の隣には六ヶ所村が…
愚かなことだもう手遅れかもなー、中途半端な圧力でわ今後心配、グズみたいな旧式武器でも武器ですから勝った方も 負けた方も その周辺国も タダでは済まない。イクサに関係ない人々が 1番困る
争いのない世の中になってほしいよね。人と人が傷つけあったり殺しあったり・・・そんな世の中にはなってほしくない。人間に「欲」がある限り争いは絶えないだろうけど、大半の人が平和な世の中を望んでいます。毎日たわいもない会話で笑って暮らせる世の中になってほしいと切に願います。