「フランスは一つだ」と言明した。

フランス大統領選挙は詰まるところ、グローバリズムとナショナリズムとの争いとなった。決選投票に進んだ2候補のうちマクロン前経済相(39)はグローバル化と欧州統合を信奉。一方のルペン国民戦線(FN)党首(48)は英国の欧州連合離脱選択や米大統領選挙でのドナルド・トランプ氏勝利の原動力となった市民の不満をてこに当選を目指す。

マクロン前経済相は39歳か。日本の場合「確率0%」とは言えないが、一国の宰相に上り詰めようとする人物としては、まずない年齢だな。内閣制度が導入されて132年。初代総理大臣・伊藤博文の44歳が最年少記録なんだから。ナショナリズムとグローバリズム×各国多様性主義と世界同時革命支配主義〇マクロンまだ39かよ・・・メチャ若いな
いや、もう世界的に行き過ぎたグローバリズムは既に破綻してるよ。今回の大統領選は、その破綻の先に何を提示できるかの争いでしょ。
ルペンは本当にナショナリストなの?ナショナリストとは愛国者のことですよね?外国、それも反西側のロシアから資金援助を受ける政党(政治家)に、国を任せたいフランス人がそんなに多いの?フランス極右政党のルペン氏、選挙資金確保が難航-ロシア資金断絶で//www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-22/OILA5C6JIJV701