子どもも同じです。

教育評論家の親野智可等先生が、保護者からの質問にお答えします。【質問】自分が悪くても素直に謝りません。先日もお菓子の取り合いで妹を泣かせ、「謝りなさい」と言っても言い訳ばかりでした。それでパパに「言い訳するな」と叱られ、一週間おやつナシになりました。

自分が子供だったころを思い返すと、ある時さっさと謝ったほうが得策だということを悟ったことを思い出した。悪いと思ってなかったら??そんなに理想通りには行かないです。やってみてわかった子育ては大変
謝るより、許すことを教える方が難しかった本当に危険なのは素直に言うことを聞く子自我が弱い、もしくは無い可能性がある大きくなってくるとその子自身が苦労する
兄弟ゲンカの場合泣かせた方が絶対悪いとは限らない。泣いてる方が先に手を出してる場合もあるから双方の言い分を聞いてどちらも叱ってどちらにも謝らせるという事を三人育ててきて学んだ。お菓子を取りあってるだけでお兄ちゃんが悪いの?下の子が泣いた理由が、単に思い通りにならないからかもしれないのに。これじゃ泣いたもの勝ちだ。
まぁ、理不尽なことも多少ならいい経験だと思うよ。大人になったら理不尽なことだらけだから(笑)素直じゃない子どものそばには、素直じゃない大人がいる。