仁川国際空港(韓国・ソウル)は、「新発見!

 仁川国際空港(韓国・ソウル)は、「新発見!仁川空港乗り継ぎを楽しくする8つの秘密」と題した説明会を4月20日に開催した。また、同空港をハブとする大韓航空から同社の強みについても説明が行なわれた。【この記事に関する別の画像を見る】 まず主催者挨拶に立った仁川国際空港の崔民娥氏は、「仁川国際空港は2001年に開港して以来、約16年で年間5800万人が利用する世界第7位の空港に成長しました。

韓国旅行に行きたい、GWは韓国。たぶん韓国には行くことはない韓国なんかにいても楽しいことなどない。仕事で嫌々ながらも仁川空港をどうしても使わなくてはいけないサラリーマンの方が可哀想だ。
使わないし。 乗り継ぎはあまりしたくない。乗り継ぎの間に北の豚から攻撃受けたらひとたまりもないな。まあ行かないから関係ないが。
日本人からしたら何の罰ゲームという空港乗り継ぐなら他の国の空港の方が選択肢になる仕方なく使う場合も短時間滞在にしたいので8つ目は「45分以下という乗り換えにかかる時間の短さ」も楽しみの1つと言うことだけ賛同出来るが犯罪者の出入りの多いセキュリティが甘い空港だよね
必要なし。アジア大会で選手達が、大変な思いや嫌な思いをした。一番大事な時にそうだった仁川は アウト。変な銅像も見たくないし、不親切な反日韓国人と接するのも 旅行で嫌な思いする必要ない。食事も日本の方が美味しいし、観光するものも無い。お金がもったいない。