しかし一方で、国鉄時代から使用されている車両は老朽化が進み数が減少。

 JR西日本岡山支社は2017年4月17日(月)、115系300番台の2編成(計6両)について、「湘南色」で車体を再塗装し、その完了記念として特別に2編成をつなげて6両編成で運行すると発表しました。【写真】黄1色に変更された115系電車 2009(平成21)年から、JR西日本岡山支社は、普通列車に使用している車両の黄1色化を進めています。

この色の組み合わせは絶妙なんだよな。海山街中どこにいても映えるからな。関西に行ったときに暗い緑色のJR車両いたけど踏切とかで見えにくくないのかな?月いちの岡山の祖母宅への小旅行思い出します。
汚れた黄色みたいな車輌…やめて欲しい(-_-)塗装の経費を削る目的なんだろーけど、センスが無さすぎる(笑)広島の115系も完全に引退する前に湘南色をお願いします。旧新快速のブルーライナーに関西線の春日色に…ま、無理やろな(^o^;)向日町には湘南色の113がいる。全国的にも珍しくなったなあ。
いや~私がまた小学生のころ、四国から岡山へ出た時に、このカラーの電車を見て都会だなあっと感じましたよ新潟は115系を快速で使って最後の無茶 トドメを刺すように使ってる。当時の国鉄のカラーリングセンスが、今のJRよりずば抜けていたのか?
高崎に、湘南色の115たくさんいるけど、211への置き換えが進んでいるから、絶滅危惧種だ。