富山県朝日町を流れる舟川沿いで、農家が育てるチューリップと桜並木が同時に見ごろを迎えている。

 富山県朝日町を流れる舟川沿いで、農家が育てるチューリップと桜並木が同時に見ごろを迎えている。北アルプスの山々を背に、鮮やかな色彩の競演を見せている。 チューリップは、球根を生産する「チュリストやまざき」の代表、山崎修二さん(56)が、間近の川堤に植わる約280本の桜の見頃に合わせて咲かせた。

富山のチューリップフェア。凄く綺麗ですよ!良かったら、足を運んでみては?4/21~5/5
素晴らしい~!綺麗~!北アルプスが素敵です!きっと良い観光名所になるでしょう。春の一時だけというのが惜しいですね。なんて美しい。花びらの水分含みの柔らかい肌触り…その記憶が蘇ってくる鮮やかさ。後ろの桜並木も勿論豪華な背景だけれど、ご夫婦の穏やかな微笑みの方がこの写真をぐっと良くしているなぁ。
雪山、桜、チューリップ凄い構図。チューリップって、桜が散った頃から早咲きの種類から咲き始めるのに、どうやって咲かせているんだろ? 風景の山と桜と重なって豪華だな。なんと美しい写真なんでしょう(ため息)チューリップ可愛いな(^_^;)
天国みたいな所ですね。
チューリップって砺波のイメージあったけど、朝日にもあるんですね。ヒスイ海岸にばかり目が行ってたけど、こんな場所があったとは。この時期の富山大好きです。そろそろ行かなくてはとウズウズしだした香川県民ですw