先生との相性は子どもの一年を左右することも。

4月は新学期が始まるシーズン。新入学やクラス替えで、お子さまの担任の先生が変わる場合も多いでしょう。先生との相性は子どもの一年を左右することも。子どもとの相性がよくない先生だったとき、保護者はどうすればいいのでしょうか?

合う合わないを決めるのは子供自身であり、折り合いをつけるのも子供自身。親にできることは子供の日々の愚痴や意見を受け止めることなのでは?子供に先生を変えたり学校を変える力はない。でもこれからの人生、バイトでも職場でも限られた力で折り合いをつけることも必要なのではないのでしょうか。そりゃあ先生にも個性があるから全員と合わないでしょう。でも会社に入れば上司が合わない人だって場合もあるから子どものころからスルースキルを身に着けさせればいいんじゃない?
色んな先生に当たった方が、子どもの社会性は伸びると思う。気の合う良い先生にしか当たらずに、小中高を過ごせたなんて聞いたことないし、だからと言って、そのことが後の人生に大きく影響したとも聞いたことない。暴力や性的被害は以ての外だけど、そうでなければ、色んな先生がいた方がむしろ良い。
いじめられて一人で掃除させられてた時に、逆に「一人でサボっている」と先生に怒られた経験はあります…。合う、合わない以前に人の話を聞いてくれない、信じてくれない人も沢山いるんだなー、と勉強にはなりました。