教科書課の担当者は「『パン屋』が悪いわけではない。

 ■他教科と異なる検定方法背景 文部科学省が道徳の教科書検定で、郷土愛不足を理由に「パン屋」を「和菓子屋」に書き換えさせた-。小学校で平成30年度から使用される教科書について、国や郷土を愛する態度を教えるため、文科省が修正を指示したとの疑念がインターネット上で拡散、文科省に抗議の電話が相次いだ。

パン屋はダメとか、そういう風に報道されたからでしょ。パン屋を和菓子屋にしたら郷土愛要素になるとか意味不明なんですけど?こんな話聞いたらパン屋さんは嫌だと思う。
そもそもパン屋と和菓子屋じゃ全然違うと思うけど…そもそも、無理やり愛国心を入れようとするからこうなるんだろうね。今の方針が間違っている気がするこれが俗にいう忖度ってやつじゃないですかね。誤解だと言い切る産経さんの論調にはちょっと無理がある。
そりゃ文科省が具体的に指摘して修正させたわけではないよ。でも出版元が忖度し、結果的に和菓子屋に変えただけで通ったのならなんでその程度の変更で通ったのかという疑問はあるし、文科省にとって望ましい修正だったのは間違いない。忖度はありまーす
産経的には検定を擁護したいんだろうけど、教科書製作側は教科書を販売しようとするならご意見をくまないと学校側が採用してくれない。文科省の配下だからね。なら、意見に従うよね。何をどう変えたか、全文見たわけではないからわからないけど、和菓子屋はまだ理解できなくはないけど、どこをどうすれば和楽器なんて世間一般で目にしないものが登場するんだろう。