原道子裁判長は、東電と国のいずれについても責任を認め、62人に対し計3855万円を支払うよう命じた。

 東京電力福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が17日、前橋地裁であった。原道子裁判長は、東電と国のいずれについても責任を認め、62人に対し計3855万円を支払うよう命じた。

 予見可能というより、 万が一を想定して、電源が使用不能になる事態を避けなきゃいけなかった。当時、危険指摘されたのに却下した「原発御用学者達」にもぜひ賠償責任を負ってほしい
国が賠償って結局国民の税金てことでしょ。。まぁでも実際あんな災害が起こるなんて予想は難しいけどな。起こってしまった事は当たり前のように語られていくけど。ひっそり給料上げてる東電結局税金が支払われるだけ。結局高い原発
今も避難されてる事は大変だとは思うが、結果論だけで判断するのはどうなんだろう。津波が来る前は、補助金も貰い原発作業員で潤って何の不安も言ってなかったんじゃないのかな。人災の側面があるにせよ、予想外の天変地異には対応できる事に限りがあると思いますが。失ったものは大きいでしょうけど、なんか違う気がする。原発ありきで得した者もたくさんいた筈なんですよねぇ。吉と出ようが邪と出ようが、結果に対してだったら好きなこと言えます。