「化学物質過敏症(CS)」の患者たちだ。

 汗の臭い対策などとして強い芳香や消臭効果のある洗剤や柔軟剤などの需要が高まる陰で、苦しんでいる人たちがいる。「化学物質過敏症(CS)」の患者たちだ。他人の衣服に残る柔軟剤などの化学物質が、めまいや頭痛などを引き起こすため、飲食店に入ることもためらわれ、会社や学校に行くのが困難になるケースもある。

こういうのって、昔からあるものなのかな?臭いで酔う時あるもんなぁ。
こういう人もいて苦しんでるんだなあと思うと同時にムダに香水きつーく付けてるにーちゃん、ねーちゃん見るとガス漏れしてても気づかないくらい鼻悪いなと思う
考えが極端すぎ。街に出る人は柔軟剤だめとかはさすがに無理だけど、職場や学校にそういう人がいれば、過度な柔軟剤の使用を避けるとか配慮してあげれば良いと思う。匂いがダメとかじゃなくて、アレルギーみたいに体に重い症状が出る人は大変だと思う。ダウニーはくさい
ある日うちの息子は洗濯する時に香り付きの柔軟剤を使ってと言い、洋服着るときも香りつきのファブリースをかけて学校に行き始めましたおしゃれなのかと思ったら中学の頃のいじめが原因でその時に「くさい」と言われた事がトラウマだったようです。(いじめではありがちなパターンで実際はそうでもないのに強調されて揶揄される事は多い)後年そんな事は言われなくなったものの、いつ誰が「くさい」と言い出すかと不安になっていたようで、時にはお香を焚いたり自分の匂いを何かで上書きしようとしているように感じました。多分こういう過敏症の人にはうちの息子は歩く生物兵器なんだろうなと思ったが、多感の頃に「くさい」と言われた子は二度と言われないように頑張る人も多いかと。それがいいか悪いかは別として。どこかで共存できるようにならないのかなと、どっちに対しても同情しています。