【ソウル=名村隆寛】「軍艦島」の名で知られる長崎県端島を、韓国映画「軍艦島」(柳昇完=リュ・スンワン=監督)が「地獄島」と呼び描いていることを、事実とは異なるとの元島民の言葉とともに報じた産経新聞(8日付)の記事に対し、柳監督が韓国メディアの取材で反論した。

 【ソウル=名村隆寛】「軍艦島」の名で知られる長崎県端島を、韓国映画「軍艦島」(柳昇完=リュ・スンワン=監督)が「地獄島」と呼び描いていることを、事実とは異なるとの元島民の言葉とともに報じた産経新聞(8日付)の記事に対し、柳監督が韓国メディアの取材で反論した。

歴史を歪曲していますが、問題とは思ってないのですね。どうでもいいけど日本たたきが彼らの生き甲斐なんだろうな後戻りできないけど、それでイイの?
半島人にとっての事実と言うのは自分たちに都合の良いこと、そうあってほしいという願望であって、「本当にあったこと」かどうかは全く問題にならないのですね。「こうだったら良いのに」が「こうだったに決まってる」に変換されるのね。逆は、「いやなこと、不都合なこと」=「なかったこと」になるみたいだし。 世界文化遺産になったからこそ真実を遺すべきだと思うけど、韓国人にとっては自分たちに都合の良い事こそが真実だと言うのはいつもの通りだ。 恥ずべき歴史教育だ。「歴史的事実」を歪曲しすぎです。
たぶん韓国では……「歴史」は空想の産物「事実」は都合で変わるもの……なのですよね。日本語とは意味が全く違うのですよ。恥ずかしいって感情がなければ、こんなにも可笑しなことができるのですね!