今、その店主となって「代表」の肩書を持つのは長野市出身の酒井孝之さん。

 大手精密機器メーカーの技術者からビアホールの店主に――。若者たちのレストラン開業などが相次いでいる長野市で、33歳の元技術者が夫婦で繁華街に本格的なビアホールを開業、「商店街が元気になりそう」と期待を集めています。

会社帰りの一杯。イイんじゃないですか。商売、独立は本人の信念が必ず報われる時が来ます。
いろいろとうるさい外野がいたかと思いますが始めたからには徹底して勝負をしてほしいと思います。サラリーマンに比べて厳しい事はご本人もよくわかってると思います。東京からだけど行って見たい!地元のクラフトとかあるといいね!始めは苦しいけど乗り切れば光があるから!仕事始めてから脱サラする人の気持ちが本当に分かる。
人生は一度きり!ぜひ頑張って欲しい夢は現実にしてこそ美徳私も勤めから独立した時、周りからどうせすぐダメになるよ〜なんてささやかれた。でもなんとか20年近くやってきました。踏み出すのは怖いけど、やらないで終わるのはもっと怖いから。
本当はこういう挑戦が歓迎される世の中じゃないといけないと思う頑張ってほしい、近くなら毎晩でも通いたい。ビールに音楽、チーズにソーセージ、あと野菜を盛り沢山 イイネ。
内装も外装も好きだけど、流行るかどうか半々ぐらいだろうな。当然だけど既存の店が抱えてる客の奪い合いになると思う。