スズキは1日、主力の軽自動車「ワゴンR」を約4年半ぶりに全面改良して発売した。

 スズキは1日、主力の軽自動車「ワゴンR」を約4年半ぶりに全面改良して発売した。衝突回避など安全性能を充実させ、昨年まで2年連続で前年割れした軽の販売で巻き返しを図る。【写真】スズキの新型ワゴンR=1日、青山直篤撮影 6代目となる新型車は、減速時のエネルギーで発電し、モーターでエンジンを補助する簡易ハイブリッド車のモデルもそろえ、燃費は同クラスの車種で最高レベルの燃料1リットルあたり33・4キロに向上させた。

最近どこも同じような形状とデザインで個性がないね。デザインに力を入れるとダイハツはMINIやワーゲンのデザイン盗むだけだしデザインが迷子になっちゃったかな?世界へ誇れる良い車だと思う。
どの車にも言える事だが、MCやFCで段々まとまってる形を作っちゃうと、性能や装備・燃費は向上しても見た目は一度不細工に崩さない駄目なんだな。デザインも大事だと思う。しかしダサい!ワゴンR好きだったのに燃費から安全へと変わりつつあるけど、エクステリアも忘れちゃダメだよ。
ワゴンR出たら買う  と言っていたコメ主がいたが買うのかな? 私なら買いませんが。以前AZワゴンでした(実質ワゴンR)今、ワゴンタイプではない軽やっぱりワゴンRがいいかな安全性や燃費も大事だけど、リコールの少ない車が良いです。安全装備の充実は嬉しいけど……このデザインで勝負するの?
MT車がラインナップから消滅…踏み間違い事故を考えても残しておいて欲しかった。