今年の3日間の来場者数は計32万4400人。

 国内最大級の改造車(カスタム車)の祭典「東京オートサロン」が1月13~15日、千葉市の幕張メッセで開かれた。外装を派手に装飾したり、走行性能を高めたりしたカスタムカーが一堂に集まり、国内外から多くのクルマ好きが参加。

3週間は開催して欲しかった。オートサロンの方がいろんな意味で楽しめる。日本車はベースになる車両が少ない。コースターもいいのだが車幅が小さい。
半分以上がカメコですが、、、何か?車なんか、見てるフリ、ですから。若者だって車欲しいよ。ただ、欲しいと思う車が高すぎて買えないだけなんだ。カローラでさえ220万を優に超える。むしろ盛り上がってるのは、お金持ちの中年以降が大半ではないか?
モーターショーより面白いと思う。
オートサロン 実際、車は店に行けば見れるしほとんどコンパニオンしか見ていない気が…(でも限定コスチュームをカメラに収めたいって人が多い?)チューニング大手は通販の新エアロのお披露目なんだろうけどメーカー系列はどう見てもコンパニオン目的だろうなー無いと思う地方では一定需要あるけどでも昔に比べたらクルマにカネはかけない大昔、養子に入れば好きなクルマと離れを準備するのが当たり前だったけど親世代も昔のようにそんな余裕ないし