◆「4回転ジャンプの戦国時代が到来!

人類がツルツルと滑る氷の上をうまく移動するためにスケートという道具を発明したのは旧石器時代。当初は動物の骨を靴の裏につけて使っていたそうですが、13世紀になるとオランダで鉄製のブレードが発明され、冬の手軽なレジャースポーツとして人気に。

女子も3Aはもちろん、4回転ジャンプも試合で普通に見れるようになったら嬉しいな
逆回転だと、選手でも目を回すのか!ちょっとびっくり。じゃあ、逆回転スピンの使い手の宮原選手や樋口選手はどうなんだろう。無性に気になる…
伊藤みどりさんのトリプルアクセルに超感動した世代です。4回転もいいけど、伊藤みどりさんのような感動する迫力がないな。伊藤さんのジャンプには尋常ならぬ高さと迫力があった。伊藤さん苦手のコンパルソルがなかったらあの人は今でもレジェンドだ。
4回転ジャンプ戦国時代の口火を切らせたのはPチャン選手でしょう4回転増やして挑まないと勝てない人が長年立ちはだかってるんだもん。4回転バンバン跳ぶ若手が増えて点数もインフレ、Pチャン本人はGPFではSPで100点目前だすも、フリーで失敗して5位。でもサルコウ降りて2種4回転成功させて、キスクラで嬉しそうなのがとても印象的だった。競技者として追う立場を楽しんでいるようだった。ネイサンとの練習が彼に良い刺激になったかな?SNS時代にあっては、選手たちの状況がすぐに世界中に知れ渡る(または知らせる)お互い切磋琢磨して競技そのもののレベルが上がってるのが素人にも手に取るようにわかる。ワールド出場選手たちがどれほど進化するか。楽しみでならない。