連盟の谷川浩司会長は「調査委には綿密な調査をしていただいた。

 将棋の三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正に使用した疑いが浮上し、年内の出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟が設けた第三者調査委員会(委員長・但木敬一元検事総長)は26日、「不正行為をしたと認める証拠はない」とする報告書を発表した。

渡辺竜王よ、何か言うことは無いのか??
出場停止処分は妥当?1人の棋士の邪推で何の証拠もないのに、ソフトを使用したと濡れ衣を着せ、一方的に出場停止にして、妥当ですか?竜王というタイトルホルダーが、竜王戦を人質にして、あいつは怪しいから俺は出場しないぞと、そんな個人のワガママに振る舞わされ、出場停止にされるのは理不尽だろ。これこそ冤罪。日本将棋連盟は、三浦九段の名誉を回復しないとな。
竜王戦の直前の挑戦者の差し替えは、スポンサーである読売の意向が強く働いた結果であるとしか考えられない。将棋連盟だけでなく、読売も説明して、責任をとれ。三浦九段と渡辺竜王のガチ対談、、いや、バトルが実現すれば、視聴率上がりまくりだろうな、、、
この判定では、三浦九段の名誉は回復しない、文春リークの将棋界の大ダメージ、将棋連盟の対応の不手際等、責任をはっきりさせないと、ファンは納得しないタイトル戦の参戦できなかったのも大きいが、A級順位戦が不戦敗になったのも痛い。その分の保証はどうするのか?