決して人ごとではない「過労交通事故死」の実態に迫る!

過酷な労働環境下での勤務中、もしくは通勤中に交通事故を起こして命を落とす--。ところが、会社は「本人の責任」と突き放し、過労と事故の因果関係が証明しにくいからと労災認定が下りず、遺族が泣き寝入りするケースが多いという。

そこを変えて、国民を守るのが政治家の仕事なのに・・・・俺も今月1日しか休んでない運送屋なんてそんなもんだよ車通勤は電車通勤より楽だけど、さすがに帰りは疲れでヒヤリとする時があるね。
俺も、これ以上働いてるわ。過労死が社会問題になっているが、働く側の人には個人差があり自分で健康管理をしない限り過労死問題は解決しないと思う。
通勤や帰宅は個人の責任なんかな?けど、家の玄関を出たらもう仕事は始まってるという考えの上司も多いやろうな。実際、こう言う考えでないと社会人として失格なんかな…。でも、こう言う考えになるんだったら通勤も仕事中?になるんでは?って思ってしまうよな。けど、通勤はあくまでも自己責任。過労だったとしても自己管理っていう言葉で片付けられて終わりだもんな。ん?仕事が始まってるんだと意識を持って通勤しろ?意識的には仕事のうちだが、実際には仕事してないから自己責任?でも、帰宅中にどこも寄り道せずに家に帰ってる最中に起きた事故は労災になるって聞いた事あるんだよな。どこか引っかかる矛盾してる様な感じがするんだもんな。