「バントだからといって力を抜き、腕だけでポンとやるのは愚の骨頂。

 バントや盗塁を駆使した「スモールベースボール」は日本のお家芸として知られるが、国際試合でほれぼれするような“職人技”を見る機会が少なくなった。11月の「侍ジャパン」の強化試合4試合のうち2試合で延長戦になり、無死一、二塁から攻撃を始める「タイブレーク」にもつれた。

小久保監督じゃ無理でしょうシーズンと短期決戦とかトーナメントは別でしょ。それを同等に扱うには無理がある。マネーボールにあったけど。
年齢は関係ないですな。若き指導者でも有能はいるしベテランでも駄目なものは駄目。小久保さんは監督に向かない気がするね.WBCも今回最後ということで、4回しかなかったが、うち2回優勝して上出来やないか? 今回アメリカR 行ければ御の字やないの。状況に合わせてならと思うけどそれありきでの戦い方は本当にストレスしかない
優勝した時だって別にバント多様してたわけじゃないし勝負を決めたのはホームランだったでしょ。「スモールベースボール」って言葉だけ広まってそれありきで選手選考するのは違うでしょ。今回だってまだ2次選考あるし坂本や菊池はバントもうまいぞ。KCもだがW・ソックス、ギーエン監督もね。侍ジャパン、監督交代のススメ! 選手頼み、危険いっぱいバントは良いけど、ますば先頭打者の出塁率上げよう。ランナーあっての送りバント。