国際社会は中国の味方に

<中国の輸入品に関税45%をかけるというトランプの強硬策が、見込みどおりの結果が得られない4つの理由>(写真:アメリカの労働者保護を訴えるトランプの政策は裏目に?) トランプ次期米大統領はまだ就任しないうちから、中国政府の怒りを買っている。

よくわからんが、この新聞は「トランプは絶対負ける」と言っていた新聞だよね。前は世界がアベノミクスに注目だったけど、今度はトランプがどこまでできるか注目
自分の杓子定規で他人を計っても、相手の思考は見抜けるものではない。少なくともこの記者よりトランプの方が金持ちだ。現実の生活は、食品価格にしても、その労働対価はメキシコ人の労働力で生活が支えられているのも確か。ハンバーグひとつが、えらい高い品物になったりする事さえ考えられる。
ニューズウィークは、ずっと反トランプ。なんか赤旗新聞になっちゃったのかな???
ニューズウィークは大陸からよほどの利権を得ているようですね。世界は投資面を除けば大陸に賛同する国は少ないでしょう。台湾のことも、台湾が中国を代表する国と言ってるわけじゃないし。ただTPPのような多国間経済協定を否定することについては、アメリカ経済の利益にはならないのはその通り、多国間ブロック経済構築によりその中で利益を得た方が大陸対策にもなり一石二鳥と思いますが。