※4 2年前にも死亡事故

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―【「運転免許に年齢制限」ロンブー淳に賛否両論】「18歳まで運転してはいけないという理屈があるのなら何歳までなら運転しても良いという理屈が必要だ」。そんな言葉を『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳氏がツイッターで公開、ネット上をざわつかせてる。

おかしいのはこの問題に関して国もメーカーもだんまりなところ。
運転免許の発行は運転適性のある人のはず。ならば適性がなれば取り消しになるのが自然。違反も繰り返せば取り消しになる。それと同じ。生活が困ることと、運転の資格は別問題。気持ちは理解できるけど、資格とはそういうこと。
許容云々ではなく、継続して安定的かつ安全な運転を行なう能力が低下、または喪失した方に対し、運転を続けさせることは妥当なのか。高齢だからではない、都会で他に交通手段があるからでもない、運転能力に懸念が出るから運転させるべきでないということだろう。年齢より運転技能を検査したほうがいい。免許の更新があるならできるでしょ。運転に適さない人が運転しているのが問題。運転技術とか性格とか。
金がいっぱいあるか家族がいっぱいいるかそうすれば自分で何かをすることも少なくなるどっちもない人をどうするのか他人事じゃないなぁ・・・核家族化が進んで老人だけでの生活が、どうしても運転せざるを得ない状況になってる。それに伴って過疎化も進み、大型ショッピングモールが商店を潰し、ちょっとした買い物すら困難になってる。