指定券購入のニーズが高い幸田駅には、遠隔サポート機能を付加した指定席券売機を導入。

 JR東海は2016年12月14日(水)、武豊線で導入している「集中旅客サービスシステム」を、東海道本線の岡崎~豊橋間にも導入すると発表しました。 遠隔でのきっぷ確認や案内センターのオペレーターとの会話を可能にすることで、現在では早朝、夜間などの駅係員不在時にサービスを停止しているきっぷの購入、精算、ICカードへのチャージなどが、列車運行中の全時間帯において可能になるというもの。

JR倒壊が在来線にカネ掛けるとはオドロキだ。新幹線以外の客は客にあらず、みたいな姿勢でかつ、リニア建設にしかキョーミがない会社なクセに。天変地異の前触れかも知れん。
JR九州は無人化した駅の自動改札、磁気券使用停止でフラップ板は開けっ放し、JR東海は無人化しても自動改札の磁気券も利用できるようにするんですね。JR九州は無人化してからはなぜ磁気券機能を停止にするんでしょうか?。JR東日本の「かえるくん」みたいなやつか?遠隔で指定券が買えるシステム。でもあれって時間帯によっては結構待たされるんだよね。無人駅なのかな?だったらサービス向上だけど、有人駅なら無人化への第一歩ですね
JR東日本管内の一部でKaeruくんと呼ばれた端末が導入されていたが今はなくなったのかな指定券券売機に取って変わられたようだが
名鉄の駅集中管理システムと同じ事か。名鉄の無人駅では改札突破のキセルを良く見かけるが、同じような事になりそうだね。キセルを見逃す方が、駅員の人件費より安いと言う事かね。監視カメラとかあるのだから、ちゃんと取り締まりしてほしいものだ。