【東京】名護市辺野古への新基地建設を巡る訴訟の和解条項について協議する「政府・沖縄県協議会」の第4回作業部会が25日午前、首相官邸で開かれた。

 【東京】名護市辺野古への新基地建設を巡る訴訟の和解条項について協議する「政府・沖縄県協議会」の第4回作業部会が25日午前、首相官邸で開かれた。 県はキャンプ・シュワブ陸上部分の工事のうち、隊舎2棟について再開を認めた。

こんな新聞が地元紙とか沖縄の方は本当に気の毒ですね。那覇空港の工事は反対って言う声は全く聞かないのに、なんで辺野古はこんなに沖縄の人は反対するの?ねぇ、沖縄タイムスさん?
陸上部分の話ね。しかしこのタイトルの付け方といい、沖縄タイムスは情報を伝えようとする気はあるのかね?海側も早ければ年内に同じ結論が出るかもしれませんが。「辺野古’新’基地」という表現が何か意図的なものを感じる・・・・オスプレイはもうすでに時代遅れではないのかな来年の1月20日まで待った方がいいのでは…。
「漁船とプレジャーボートの通行ができるよう・・」それは問題だ。タイムスさん見出し間違ってない?「県、辺野古新基地陸上部工事容認」がいいと思います何時までも、翁長さんにしがみついているのは、やめにした方がいいと思います。交付金の満額回答が欲しいなら…♪
賛成運動って、日本じゃほとんどないですよね。だけど1日でも早く移転しないと。