世界大会は技術力やモチベーションを高める目的で、2回目の開催となった。

三菱自動車は、車内整備士の技能を競う「サービス技術コンテスト世界大会」を、大田区産業プラザ(東京都大田区)で開催した。世界大会は技術力やモチベーションを高める目的で、2回目の開催となった。同大会には日本をはじめ中国やタイなど23カ国のディーラーや販売会社のスタッフが参加。

説得力ないなw三菱マンと言う考え方が間違いのもと「一人の三菱マンという意識を持って」これが一番欠落していたのがトップなんじゃないですかね?トップの意識が希薄で、現場の人間はいい迷惑だったと思うわ。
一番お客さんの近くで仕事をする人達が頑張ってくれるのはうれしいですね。頑張ってください!三菱は会社に問題があるからね技術が最高でも上の人間がダメダメだから意味がないねそもそも、新車時から不正ある車だから技術サポートの方は大変ですね。
メーカーの印象は最悪だが、別にディーラーの人は悪いことしてるわけではないので、頑張ってほしいたとえ技術者のスキルが高くても、結局、あの事件が誰の指示でどう責任を取ったのかがわからないメーカーの車を買う気にはなれない。
社員が会社の一員であることを意識するのは良いことと思うが、会社側がそれを強要するのは的外れ。個人のスキルはあくまで個人のもの。~マンと言う意識を持てってのは、よく聞くなぁ。